Archive for 3月 2015

注目を集める通貨トルコリラ。重化学工業化プランを背景に。

周知のとおり日本は「ゼロ金利」と呼ばれる状態にあります。
これは内需の減少に対し有効需要を増加させるための金融政策ですが、内需減少の背景に人口動態の問題があるため十分な効果を発揮していません。
そこで政府日銀は「異次元緩和」と呼ばれる大規模な量的緩和を行いましたが企業設備等、内需増大にはいまだ効果を発揮していません。

マネーストックが増えているにもかかわらず国内に投資の対象がありません。
そこで現在注目されているのが金利の高い通貨への投資です。
高金利の通貨を発行する国といえばブラジル、トルコ、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアです。
この中でも特にトルコ政府の発行するトルコリラが世界的な注目を集めています。
それはトルコは単に政策金利の高い国ではなく、現在重化学工業に産業構造を転換しようという現実的なプランを持っている国だからです。
鉄鋼をはじめとする基礎素材型産業を強化し工業部品を輸入に頼らない輸出国への転換を図るプランです。
黒海では産業を駆動するエネルギー資源を自国供給するための油田開発も着手されています。

この鉄鋼をはじめとした基礎素材型産業の育成による重化学工業化が上手くいけばトルコは輸出国となり、トルコリラは通貨として単に高金利であるだけでなく強い通貨になり、長期的に値上がりことは間違いありません。