Archive for 6月 2016

外国為替でトルコリラを選ぶ時は経済を見る

経済を知ることで外国為替の実情を知ることができますが、トルコの産業というのは近代化が進められてきており、工業や商業が盛んに発展しています。
さらに昔から伝統的な農業も人口の4割が営んでおり、バランスの良い国となっています。
大半が軽工業となっており、繊維や衣類について輸出大国となっていることで知られています。
工業化は北西部を中心に発展していますが、経済の近代化については遅れが目立っている地域が多くなっています。
そのため農村部では貧困であったり経済格差も広がっている状況であり、政府が開発推進政策を行うも解消には時間がかかるといってもいいでしょう。

そんな中でトルコは1990年代に経済が低調となっていきます。
そして政府は巨額の債務を徐々に抱えてしまい、国民は急速なインフレに困り果ててしまいます。
その後金融危機を起こしてしまい、トルコリラも下落していきました。
結果として国内の消費が急激に落ち込んでいき、リラも変動相場制へと移行していきます。
2001年になるとリラの対ドル価が一気に半分以上も暴落してしまい、実質のGNP成長率も10パーセント近くマイナスとなってしまいました。
その後少し持ち直していますが、未だに通貨であるトルコリラは不安定な動きを見せることがあります。

トルコの経済関連で重要な問題は色々とありますが、その中に失業問題があります。
トルコでの失業率は小規模に変動しながらも、大半は10パーセント以上の水準で高止まりをしている状況となっています。
経済面では好調を維持しているため、外国為替市場でも注目されているトルコリラですが、高水準の失業率も維持している状況となっています。
急激な人口増加が原因となっていますが、最近経済面で好調なトルコだとしても人口を吸収できるほど雇用が追いついていません。
解決の見込みが見えてこない限り、トルコでは失業は重大な社会問題といえるでしょう。
外国為替の動向でも明確にニュースが出ると見えてくるかもしれません。